DHA/EPAって何?

まただよ、アルファベット3文字。

「何だって?今度はDHA/EPA?何それ?」

今朝の夫婦の会話は、そんなところから始まった。

テレビではTPPがどうしただの、ODAがどこでいくらだのとしきりに報道している。

そこに被せて「アナタ、DHA/EPAを取ったほうがいいわよ」

と妻に唐突に言われても、こちらは頭の整理がつかない。

それはどこの国だ?

などとトンチンカンな反応をしてしまう。

「魚よ、魚から摂れる健康成分よ。あなた血液ドロドロでしょ?」

こちらの言うことなど聞いちゃいない。

え?

血液ドロドロだって?

まったく放っておいてもらいたいもんだ。

なんで妻がそんなこと知っているのだろう。

あゝそうだ、先週健康診断結果表を見られたんだったっけ。

今に始まったことではないのだが、今回もまた妻主導による体質改善作戦が実行されることになった。

なったとは言っても有無を言う猶予もなかったので強制的に、であるが。

以降は、DHA/EPAサプリメント格闘記…いや成功記である。

さて、DHA/EPAとは?

から触れていこう。

DHA/EPAとは簡単に言えば、魚、特に青魚=ブリ、サンマ、マグロ、カツオ、アジ、イワシなどから摂れる不飽和脂肪酸と言われる要するに血液サラサラ成分と理解しておこう。

小難しいウンタラ酸とかいう単語は覚える気はおろか読む気もしない。

どうせ読んだって理解できない。

目を通すだけ無駄である。

それより効果効能、結果がどうなるのか端的に知ることができれば、それで十分である。

理系出身の妻は、そういうところから入ってくるのではなっから話がかみ合わないことが多い。

しかしそれで夫婦のバランスが保たれているとも言えなくもなくが。

それはさておき。

DHA/EPAを摂取する、つまり青魚を一所懸命食べれば、生活習慣病予防、アレルギー改善、視力回復、ダイエット、美肌などの改善維持にいいとされているそうだ。

そこまで話を聞いて初めて私は、姿勢を正して妻の話を真剣に聞く気になった。

多くのところで今の私の抱える問題解決に役立ちそうだと思ったからである。

DHAとEPAの役割を見る

そんな私でもよく分かる、DHA/EPAサプリメントを紹介するサイトがあるのでご紹介しておきたい。

それぞれの商品の特徴や配合量、価格などがひと目で比較できていいと思う。